ページトップ へ戻る






申 し 込 み
キャンペーン実施中




特定商取引法の表示




お問い合わせ先
メール:yamanobe@3dedusoft.sakura.ne.jp
電話:0246-52-0222
FAX :0246-92-4600




ページトップ へ戻る





コンセプト   

想像から創造へ!          

 理解に基づく二つのソウゾウ性(想像性と創造性)
 十歳の壁があなたのこどもの学力をダメにする

 目標 : 上の子を伸ばし、落ちこぼれをつくらない。

十歳の壁で伸びなくなる十歳ごろから学力が伸びなくなることを「十歳の壁」といいます。
十歳ころまでは、関連付けや理由がなくても、どんどん物事を覚えてしまう能力があります。
難しい言葉や事柄を教えても、わけがわからずに、どんどん覚えてしまうので、この子は天才ではないかと思ってしまいます。
しかし、十歳ころを過ぎると、理由や関連付けを求める学習内容に少しずつ変わってきます。
この状態になっても、今までと同じく、単なる記憶をベースにした学習方法を繰り返してしまうため、十歳ころを過ぎると、成績が少しずつ下がってきてしまいます。
個人の能力に差がありますが、この「記憶力」の限界により、ある人は小学校高学年から、あるいは中学校から、ある人は高校から成績が下がり始めます。

なぜを求めだす脳一方、こどもには、十歳を越えるころから、「なぜ」を考える脳が成長を始めています。
物事を覚える時に、「なぜ」を求めてくるようになってきています。
学習に、「なぜ」がないと楽しくも嬉しくもないのです。すなわち、お子さん達には、なぜを理解する学習が必要なのです。

 

十歳まで、成績がわるい子

この中には、単に知識を覚えることが苦手なだけであることが非常に多い。
訳もわからないことを覚えることができない、という訳です。
これは、大人にとって、当たり前のことです。いや、人間にとって、当然なのです。
小さい子たちは、知っている物がとても少ないので、物事を関連付けようとしても、関連付けするものがないのです。
それで、勉強に身が入らず、勉強の面白さにも気づかず、成績が伸びないで いるだけです。
なぜを求めだす脳が小さいころから、少しずつ、動き出しているのです。
このなぜを求めだす脳が、十歳ころから、少し活発になり、
また、周囲の物事も少しずつ知ってきているので、このような子たちは、関連付けができるようなって、成績が上がりだすようになります。
しかし、このように、順調に伸びる子たちは、非常に少ない。それは、なぜを考えるということが、具体的にわからないままにいるからです。
なぜを考える力を育てます。
成績をもっと伸ばしたい子、十歳の壁で伸び悩んでいる子、成績がわるくなった子、十歳まで成績がわるい子も、
なぜを求めています。この求めに応じて、なぜを考える力を育て、習性を植え付け、
学力向上を目指しますなぜを求める脳には、なぜが理解できる物と良質な指導がふさわしい。
3次元でアニメーションが動く3次元学習ソフトを使用して、
なぜを求める脳に、なぜを視覚的に見せることによって、お子さん自ら、積極的に、
なぜを考える力と習性を植え付け、学力向上を目指します。
尚、コンセプトの「想像から創造へ!」の詳細な考え方については、小冊子、「想像から創造へ! 十歳の壁があなたのこどもの学力をダメにする」に述べています。


 本 の 詳 細 内 容  




対象となるこどもたち

公教育の限界

公教育では、文科省指導要領に基づいた教育を行うため、どうしても紙の教科書を使った画一的な授業になってしまいます。
先生は、成績順で言えば、クラスの真ん中よりちょっと劣った生徒を見ながら、授業するようになります。
学習が進んでいる生徒には、少し物足りなくなり、学習が遅れている生徒には、少し難しい状況になってしまいます。
この問題は、現行の制度が続く限り、解決できないだろうと言われています。
その結果、上の子を伸ばすこともできず、落ちこぼれをつくってしまうことになってしまいます。
これが、教育界の限界となっています。
公教育はある程度の知識を教えるという役割になり、上の子を伸ばす教育と落ちこぼれを救う教育は、
私的な教育機関に任せるしかないという教育評論家もいます。
このような公教育の限界のため、子どもが一度勉強につまずくと、その後の挽回がとても難しいことになってしまいます。
そういう子たちに、活路を見出したい。

 


@ 成績優秀で、上の学年の勉強をしたい子
このような子は、できる問題を解いて、褒めてもらえることを多くやりたがります。
これを一旦止め、なぜを考えるという学習をした方がより成績のアップにつながります。
習った単元をもう一度振り返り、問題を解くというよりは、なぜそういう考え方なのかを見せた方が、今後の学習に良い効果を発揮します。
問題を解くという学習は十分にできているので、問題を解くという学習ではありません。考え方を見せてあげるのです。

ここでは、各単元において、なぜそうなるかをアニメーションで見せています。
この子たちは、問題の解き方はわかっているので、問題の結果はわかっていますが、どのような考え方でそうやっているかをみせて、
なぜを考えるということがどういう道筋で行うかをみせてあげることです。「へぇー、こんなことか」と気がつけば、それで十分です。
最初は、なぜを考えることが苦手でも、なぜと考えているものが多くなってくるに従い、徐々に、自分からなぜを考えるようになります。
また、成績が優秀な子は、単元の範疇のドリルの過剰な勉強や超難問を解く勉強は避けた方が効果が高いです。
難問で挫折するよりは、今後の考え方の道筋を示す方が、やる気を導きます。
このWEB版では、十分に理解が達したらならば、またはある程度理解が達したならば、どうぞ、次のステップへ進んで下さい。
これは、より広く、より深くを目指す学習につながります。次のステップは、当然予習です。
学校の勉強に捕らわれない自由な余裕のある学習です。その時、なぜを考えながら学習するようであれば、自ら積極的に進んでいくようになります。

A 十歳の壁に伸び悩む、成績が下がってきている子
なぜを求めだす脳が成長し、単純な記憶を嫌がってきたころになってきました。
知識と知識との間につながりを求めだした脳の新しい部分が本格的に動き出し、成長はじめの兆候です。
また、なぜを考えるという学習をしたことがないので、どのように学習していいかわからず、戸惑っている状態です。
なぜがわかれば、すっきりし、学習をこのまま続けることができます。このWEB版の基本的なところをしっかり見てみましょう。
そして、それを自分で、思い出して、書いてみましょう。見ながら、書いてもいいです。
こうすることによって、いろいろな物どうしのつながりや、そこになぜそうなるかという考え方・理論を見るということに慣れてきます。
それから、次の項目に進んで下さい。このような学習を続けると、知識と知識の間のつながりを意識するようになり、
そこに、なぜや理論を考えるようになります。

あせらずに、じっくり取り組んでいきましょう。すぐに、成績が上がり、もっと学習したいようになります。

B 十歳まで、成績がわるい子
自分に関連するものには、興味がありますが、関係ないものにはさっぱり興味がないと思われます。
もともと人間は、関連付けのないものやなぜという理由がない事柄に対しては、積極的に無視する傾向にあります。
それは、重要なもの・必要なものを記憶し、無駄なものは記憶しないという合理的な活動をするためだからです。
幼子にとって、文字を覚えること、計算することは、身近な関連性がないのは当然です。
その結果、成績が悪いのです。けっして、頭が悪いからではありません。
従って、身近に感じ、かつ理解できるものを提示し、教えていくと方法が最も望まれます。
このWEB版では、なぜという理由や関連付けした知識をたくさん見ることができます。見ることによって、イメージや知識がたくさん手に入れることができます。
従って、基本的な項目を、じっくり見せて、考えを聞いて、そしてほめてあげることによって、理解し、身近に感じるようになります。
たくさんの知識が手に入れば入るほど、身に付いた知識と考え方が増えていきます。関連付けることも多くなってきます。
なぜを考えることも多くなってきます。単に記憶したこと、関連ついた知識、なぜという理由がついた事柄等が少しずつ増え、成長していきます。
小学校高学年、中学生になれば、勉強以外のいろいろな面でも成長し、自分で積極的に、関連付けやなぜを考えることができようになり、
成績も上がっていきます。





保護者の方たちに

子どもたちは、保護者の方から褒められる結果を求めています。
子どもたちは、「自分が○○したら、○○となった」という結果を知りたがっています。
そして、その結果、近くの人たちから自分が褒められることを望んでいます。褒められたことは、いい結果だったので、またそれを繰り返そうとします。
こどもたちが、なぜを考えたら、褒めてあげてください。一緒に勉強したら、子どもたちの発想がいかに凄いか、わかります。
それは、感動以上です。本WEB版では、復習で学年を振り返ることも、先に進んで、学年を超えていくことも、可能です。
非常に簡単なものから、難しい問題まで、アニメーションで親切に説明しているため、子ども自身が自分のペースで、学習ができるからです。
無理をせず、少しずつ、なぜということ、関連された知識、考え方を増やしていくよう、見守ってください。
十歳を過ぎるころから、勉強が難しくなるのではありません。なぜを学習するという方法がないだけです。
頭が悪いから、勉強が難しくなって、できなくなるのではありません。学習方法がないから、難しいだけなのです。
考え方がアニメーションで見えるため、思考がしやすくなるので、学年の壁にとらわれず、成長に伴った学習をしていきましょう。

    2012年7月14日
株式会社バーチャル・ハーモニー
代表取締役   山野辺 久生


 Copyright (C) 2012 . Virtual Harmony